空室保証サービスとは何か東京を例にして解説します

東京にはアパートやマンションが数多くあります。もちろん人口も多いので、数が多いのは当然です。しかし、人口密度が高い場所とそうでもない場所が有るのはご存知ですね。また、人口が多いからといって、アパートやマンションが満室とは限りません。東京は人の流動も多いので、新規に入居する人もいれば、出て行く人もいます。その流れの中で、新しい物件などは恐らく空室が目立つという事は無いでしょうか。しかし少し年数の経っている物件などにおいては、空室があるという事もありますね。また、人口が少ない地域においては、空室が目立つという事もあるでしょう。アパートやマンションは、空室があればある程収入が減ります。大家さんは空室があると気になってしまいますね。そんな時こそ、空室保証のサービスを検討しては如何でしょうか。

空室保証サービスについてお話します

先述の通り、東京には多くの賃貸物件があり、すべてが満室とは限りません。空室保証とは、毎月固定の保証料を支払う事によって、賃貸住宅に空室ができてしまった場合に、空室の家賃を一定額保証してくれるサービスの事です。例えば90%保証の場合ですと、物件1棟の月間家賃の収入額を確認し、その額が満室時の家賃収入の90%を下回った場合に、家賃収入と90%相当額との差額が支払われる事になります。差額が支払われるという事は、満室時の90%相当の収入が確保できるという事になります。つまり、突発的に空室が増える事による収入減少のリスクをカバーできます。似た様なサービスにサブリースというものがあります。これは一括借り上げの事です。このふたつは似ている様で、実は全く異なる仕組みになっています。

空室保証サービスを利用する利点について

例として、東京にあるアパートを、サブリースで一括借り上げしてもらうと、毎月定額が大家さんに支払われる事になります。同じ物件でも空室保証サービスを利用して差額を補填してもらう事にすると、毎月の収入としては大きな差は出ません。しかし、サブリースは大家さんと入居者の仲介になる為、更新料や敷金礼金、家賃増額時の差額などは、サブリース会社の収入となります。一方で空室保証サービスは、それらの収入は大家さんのものになります。家賃の保証率が同じでも、長期的に見ると収入は大分差が出てくることになります。安定した賃貸経営をしたいと考えている場合、いずれの方法も検討すべきかとは思います。しかしながら、長期的に見て収入が大きくなる事が見込める空室保証サービスの利点の方が、サブリースの利点よりも上回る事もあります。しっかりと検討して決めていきましょう。

日本管理センターのパートナーに加盟したい企業なら必見です。 全国に1400社以上のパートナー企業があります。 賃貸住宅オーナー向けの経営セミナーや実例見学会等のイベントを全国各地で開催しています。 物件の購入、購入後の経営、出口戦略まで対応します。 セミナーやイベントはすべて無料で参加ができます。 賃貸経営のお悩みならばJPMCに任せて安心です。 東京の空室保証について知りたい方はJPMCへ