東京での空室保証サービスの現状を紹介します

マンションやアパートなどの賃貸物件の賃貸経営においての最大のリスクは、空室の発生やその状態が長く続いてしまうことです。そこで重要となってくるのが空室保証です。空室保証とは、賃貸オーナーが保証会社に保証料を支払うことで、空室が発生した際にその空室になっている部屋の家賃を一定額保証してもらえるサービスです。東京都の賃貸物件の空室率は、23区内では約12パーセント、それ以外の地域では約15パーセントとなっていて、全国的に見れば空室は少ない方ですが、首都圏でさえ賃貸物件を満室にするのは容易ではないことが分かります。そのため、空室保証は東京で賃貸経営を行う場合にもしっかりと確認しておかなければいけません。満室になることが一番ではありますが、空室が発生しても家賃収入が確保できるようにしておくと安心です。

会社によって異なる空室保証期間

空室保証サービスは、東京で賃貸経営を行う際にも重要となってきますが、保証会社ごとに保証料やサービス内容が異なります。空室保証サービスを利用する最大の目的である空室時の家賃保証の限度額も保証会社ごとに異なります。24ヶ月や48ヶ月を保証限度額にしている会社が多いですが、10ヶ月分しか保証してもらえなく、逆に無期限で保証を受けられる会社もあります。自身の経営している賃貸物件が、空室が出てもすぐに満室になるようであれば10ヶ月程度でも満足できますが、逆に一度空室が発生するとなかなか次の入居者が決まらない場合などには、保証限度額ができるだけ多いものを選んだ方が良いでしょう。どの保証が良いかは、賃貸物件の建てられている場所や築何数など様々な観点から考慮することが大切です。

空室保証以外のサポートもチェック

空室保証サービスには、空室時の家賃保証以外にも保証してくれるものがいくつかあります。例えば、退去後の空室を契約時と同じ状態にするための修繕費や、水道料が変動した際の費用、万が一入居者が家賃を滞納し続け、契約が困難になった場合に法的手続きを行うための費用の保証などがあげられます。その他にも、賃貸経営をする上でのリスクに対応した様々なサービスを受けることができます。これらのサービスは会社ごとに有無が異なるため、契約前にどのようなサービスが含まれているのかを確認しておきましょう。また、外国人の入居者に特化した保証会社もあるため、外国人の多く集まる地域で賃貸経営をする場合には心強い味方となってくれます。様々なメリットのある空室保証を、東京で賃貸経営する際にも有効利用しましょう。